整体・カイロプラクティックと骨盤矯正

ブログ ブログ カイロプラクティック



LED並みの省エネを達成するのが困難な白熱灯と蛍光灯は、事実上、製造や輸入ができなくなる見通しだ。 安倍晋三首相が26日に財界幹部を集めて官邸で開く「官民対話」で、省エネ対策の一環として表明する。 来年度にも省エネ法の政令を改める方針。 政府は、エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯について、国内での製造と国外からの輸入を、2020年度をめどに実質的に禁止する方針を固めた。 省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)への置き換えを促す狙いだ。 来夏をめどにつくる省エネ行動計画に、照明についての品目を一つにまとめることを盛り込む。 政府はLEDと蛍光灯それぞれについて、品目ごとに省エネ性能が最も優れた製品の基準を満たさないと製造や輸入をできなくする「トップランナー制度」で規制してきた。 今月末にパリで始まる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)に向けて、日本の温室効果ガス削減への取り組みを具体化する狙いもあるとみられる。




井上氏は税財政全体で検討すべきだと主張して折り合わず、協議を続けることを確認した。  焦点となっている軽減税率の対象品目をめぐり、自民党は4千億円の枠内に収まる生鮮食品を軸に調整する考えだが、公明党はさらに財源が必要な加工食品まで含めるよう求めており、平行線が続いている。 自公両党はこの日、週内に与党協議を開き、複数税率での取引に対応する経理方式に関して宮沢、斉藤両氏が手がけた素案を提示することを決めた。 自民党の谷垣禎一幹事長は25日、公明党の井上義久幹事長と都内で会談し、平成29年4月の消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率について、社会保障と税の一体改革の枠内の財源(4千億円)で議論するという安倍晋三首相の意向を伝えた。 会談には自民党の宮沢洋一、公明党の斉藤鉄夫両税制調査会長も同席した。




さらに、多くの委員は「物価目標の早期実現のために必要があれば、躊躇(ちゅうちょ)なく政策調整すべきだ」と発言。 会合では金融政策を決める9人の政策委員のうち、「必要があれば追加金融緩和すべきだ」という“積極派”と、「2%の物価目標は中長期的に目指すべきだ」とする“慎重派”の対立が深刻化している実態が浮かび上がった。 一方、佐藤健裕審議委員と木内登英審議委員は、「29年度までに2%に達しない」と表明して柔軟な政策運営を求めるなど、追加緩和には極めて慎重だ。 議事要旨によると、委員全員が、今後の物価見通しについて「下振れリスクが大きい」との認識を共有した。 第一生命経済研究所の熊野英生氏は「目標の早期実現を放棄した」と批判した。  日銀は25日、10月30日に開いた金融政策決定会合の議事要旨を公表した。 市場では同会合で日銀が追加緩和に踏み切るとの観測が広がっていたが、黒田東彦(はるひこ)総裁は記者会見で「いろいろ議論はあったが、具体的に追加緩和の提案はなかった」と説明した。  ただ、日銀が同日の会合で2%の物価目標の達成時期を「平成28年度前半ごろ」から「28年度後半ごろ」に先送りしたのは「矛盾」と疑問視する声もあった。  さらに、昨年10月の追加緩和に賛成した白井さゆり審議委員も25日の講演で、「現時点で対応を要するものではない」と市場の追加緩和論を牽制(けんせい)した。 SMBC日興証券の宮前耕也氏は「消費税再増税を後押しする切り札として温存している。 当面は様子見だが、市場に期待を持たせるためあえて議論した可能性もある」と分析した。 このうち1人は「追加緩和の手段に限りはない」と付け加えた。








もみほぐし .
もみほぐし .
もみほぐし .
もみほぐし .
もみほぐし .
もみほぐし .
慢性頭痛とマッサージ .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です