脊椎矯正と整体






東京五輪(1964年)の聖火輸送にも使われ、「日の丸飛行機」復活の象徴ともなった。 航空機生産の解禁後、官民で国産機の復活を目指したYS11の開発は、現在の三菱重工業や川崎重工業、富士重工業などが参加した一大プロジェクトだった。 しかしコスト管理の甘さなど多くの課題から赤字が続き、73年に生産を終了。 日本の航空機産業の歴史は古く、戦前には「零戦」などの軍用機が開発・製造され、100万人規模の雇用の受け皿ともなった。 その後は国内各社が米ボーイングの機体の国際共同開発に取り組み、世界市場の成長を取り込んできたが、機体製造全体を主導するメーカーは出なかった。 しかし、敗戦で連合国軍総司令部(GHQ)によって生産が禁止され、伝承が途切れる。 航空関係の技術者は自動車や鉄道などへの転身を余儀なくされた。

製薬大手「ノバルティスファーマ」(東京)が、医薬品の重い副作用約5500例を期限内に国に報告しなかったことがわかり、厚生労働省は今月中にも、医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき同社に業務改善命令を出す方針を固めた。 同様の副作用報告義務違反で同社は昨年7月に業務改善命令、今年2月には業務停止命令を受けている。 同社広報部は「現時点でコメントは差し控えたい」としている。 今年初め頃に起きたシステム障害が原因で、隠蔽などの悪質性はなかったという。




政界のご意見番として第一線で活動を続けた。 シュミット氏は9月初めに脚の血栓を除去する手術を受けた後、感染症にかかり、体調を崩していた。 続いて起きたモガディシオでのルフトハンザ機乗っ取り事件で、特殊部隊を強行突入させて人質全員の保護に成功し、国民の信頼を不動のものとした。 首相辞任後の83年から週刊紙ツァイトの共同発行人となり、健筆を振るった。 96歳だった。 79年3月に導入され、欧州通貨統合への第一歩となった欧州通貨制度(EMS)の生みの親だった。 経済、外交、安全保障に通じ、特に危機管理にその手腕を発揮した。 主要国首脳会議(サミット)構想を提唱する一方、国内で頻発したテロには屈しない姿勢を堅持。 同紙を通じて内外の政治家に辛口のメッセージを発信。  極左組織・ドイツ赤軍派による77年9月のシュライヤー経団連会長誘拐では、犯人の要求に屈しない決然たる態度を取った。  1974年5月にスパイ事件で辞任したブラント首相の後任として、戦後2人目の社会民主党政権の首相に就任。 しかし、二重決定は反核に傾斜した社民党内での立場を弱め、経済政策の対立と相まって自由民主党が社民党との連立政権から離脱する事態を招き、82年10月、不信任案可決により8年間にわたる政権は幕を閉じた。 75年に第1回会合が開かれたサミット構想をフランスのジスカールデスタン大統領と提唱し、世界的な経済危機に対処する上で他の西側首脳への良き助言者となった。 「西独最強の宰相」といわれたヘルムート・シュミット元西独首相が10日、北部ハンブルクで死去した。  軍縮問題にも精通し、早くからソ連の中距離核ミサイルの脅威に警鐘を鳴らし、米中距離核の欧州配備とソ連との軍縮交渉をセットにした北大西洋条約機構(NATO)の「二重決定」採択に尽力した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です