脊椎矯正と整体



まず再婚禁止期間訴訟の判決を行い、直後に夫婦別姓訴訟について言い渡す見通し。 夫婦別姓を認めず同姓を定めた民法の規定と、女性にだけ離婚後6カ月(約180日)間の再婚禁止を定めた規定について争われた2件の訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は11日までに、判決期日を12月16日午後3時に指定した。 最高裁は、家族の在り方に深く関わる二つの規定について、初の憲法判断を示すとみられる。

トマムはパウダースノーで有名なスキー場のほか、ホテルやゴルフ場を持つ、日本を代表する総合リゾート。  トマムの株式100%を星野リゾート(長野県軽井沢町)などから183億円で取得する。  豫園旅游は上海の有名庭園、「豫園」周辺の大型商業施設を管理するほか、飲食や医薬、不動産など各業種も営む。 星は今年、フランスのリゾート施設運営会社、クラブメッドを買収するなどリゾート業を強化している。 星野では、同社のトマム成長戦略に「(豫園旅游を傘下に持つ)復星集団が賛同している」として、株式売却後もトマムの運営を行う。 上海市の総合商業グループ、上海豫園旅游商城は11日、北海道のスキーリゾート、星野リゾートトマム(占冠村)を買収すると発表した。 星野はこれまで海外の投資ファンドとともに株式を所有していた。 日本観光ブームを背景に中国勢の進出が活発化している。 民営の複合企業である復星集団(上海市)に属し、今回のトマム買収も復星の意向が働いた。

また、堅調な受信料の増収などにより、総資産が初めて1兆円を超える1兆27億円となった。 予算に対し194億円の収支改善になっている。 事業支出は3168億円で、事業収支差金は256億円を確保。 受信料収入は3316億円で、事業収入全体では3424億円となった。 負債を差し引いた純資産合計は6847億円9月末の受信料支払率は年度目標の77%は下回っているものの、76・3%で昨年9月末の75・2%を1・1ポイント上回った。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です