脊椎矯正と整体・カイロプラクティック



D10号棟2階に住む年金生活の1人暮らしの女性(70)は「横浜の旭化成建材の問題は知っていたが、まさか自分が住んでいる所がそうだと分かり、びっくりした」という。 道が問題を公表した28日夜、テレビ局の取材クルーのライトやカメラのフラッシュに建物が浮かび上がった。 新たに不正が発覚したのは、釧路市にある道営愛国団地D10号棟。 北海道まで問題が拡大したことに、長浜局長は会見で「正直、驚きを隠し得ない」と話した。 入居者には28日、道から問題を知らせる文書が届いたという。 旭化成建材は「客観的に見てデータの転用があったと認めざるを得ない」と話しているという。 今のところ不具合は感じていないとしながらも、不安そうな表情を浮かべた。
声明では、「次回会合では雇用や物価の進展について精査する」として、12月の会合で利上げするかどうかを見極める姿勢を示した。 米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)は28日、2008年から続けている実質的な「ゼロ金利」政策を維持することを決めた。 声明では、米国経済は「緩やかに拡大している」との景気判断は維持したものの、雇用回復のペースについては「減速した」と判断を引き下げた。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です