脊椎・骨盤矯正とカイロプラクティック・整体



新宿御苑や京都御苑など一般財団法人「国民公園協会」が管理する施設の5駐車場で、駐車場の管理にあてるために徴収した駐車料金計約5600万円が、売店の赤字補塡(ほてん)などに流用されていたことが、会計検査院の調べで分かった。 問題があったのは、皇居外苑、新宿御苑、京都御苑の計5駐車場。 協会は環境省の委託で駐車場を管理しており、年計約3億円になる駐車料金からまかない、余った分は積み立てている。 検査院が協会の経理を2014年度までの10年分について調べたところ、5駐車場で徴収した駐車料金から計約4300万円が売店やレストランの損失の穴埋めに充てられ、計約1300万円が駐車場以外の清掃などへの人件費に使われていた。


解放された人質338人の192人が子どもで、138人が女性だった。 同軍は27日、サンビサ森林地帯周縁の2つの村にあるボコ・ハラムの拠点とされる複数の宿営地を襲撃、作戦を実行した。 サンビサ森林地帯には、昨年北東部のチボク(Chibok)で拉致された女学生約200人が拘束されていると考えられているが、今回救出された人質の中に、この女性らが含まれているのかは不明だ。 ボコ・ハラム戦闘員みられる30人を殺害し、武器・弾薬を押収した。
エンケラドスは直径約500キロで、表面は氷で覆われている。  研究チームは今回、別の実験で、熱水と反応しているエンケラドス内部の岩石の組成を推定。 米航空宇宙局(NASA)はカッシーニをプルームに突入させ、成分を分析する。 過去に高熱で溶けたことがある地球の岩石と異なり、隕石や小惑星のような組成でないと、ナノシリカが生成されないことを突き止めた。  東大大学院の関根康人准教授らは、プルームに含まれる微粒子ナノシリカの生成を実験で再現。 水素は原始的な微生物がエネルギー源に利用しており、関根准教授は「生命の存在可能性としてはプラスになる」と話している。 氷に覆われた海に生命の発生可能な条件が備わっているとされる土星の衛星エンケラドスの岩石は、地球の岩石と異なり隕石(いんせき)に近い組成であることを、東京大と海洋研究開発機構などの研究チームが明らかにし、27日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。 原始的な微生物が「食料」にする水素が発生しやすい環境と考えられるという。 こうした岩石は鉄を多く含み、水との反応で水素が大量に発生する。 米欧の探査機カッシーニが2009年、南半球の氷の下に海が存在し、氷の粒や塩分を含む蒸気(プルーム)が噴き出す様子を確認した。 今年3月、エンケラドスの海に90度以上の熱水が発生していることを明らかにした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です