脊椎・骨盤矯正と整体(手技療法)






サントリーホールディングス(HD)は19日、中国ビール2位の青島ビール(山東省)との合弁契約を解消したと発表した。 いずれも50%を出資する生産会社と販売会社の株式は青島ビールに来年春までに全て売却する。 上海市や江蘇省で約3割のシェアがある人気ビール「三得利(サントリー)」は青島ビールにライセンスを供与し、現地における生産・販売は続ける。 売却額は約156億円(8億2千万元)。 今後はワインやウイスキーなど成長分野に経営資源を集中するとしている。  サントリーの中国法人と青島ビールは2013年4月に合弁会社を設立したが、約2年で解消とした。 サントリーHDは合弁会社解消の理由について、「現地のビール市場が縮小し、競合との競争も厳しくなってきているため」としている。







一方、ロイター通信によると、ドイツのシュタインマイヤー外相は同日、制裁は少なくとも来年1月まで続くとした上で「イランが合意事項を履行できることを示せるかが重要だ」と語った。  その後、IAEAがイランの措置の進捗(しんちょく)を確認した上で「合意履行の日」が設定され、制裁が解除される。 イランメディアによると、イランは合意前に保有していた遠心分離機約1万9000基を5060基の稼働に限定し、西部アラクの重水炉では兵器級プルトニウムが抽出できないよう改修に着手する。 最終合意は7月14日に発表され、同20日に国連安保理で承認決議が採択された。 イラン学生通信によると、イランのサレヒ原子力庁長官は18日、「履行の日は、おそらく2カ月ほど後になるだろう」と述べた。  イランは18日、国際原子力機関(IAEA)に査察頻度の増加や抜き打ち的な査察が可能になる「追加議定書」の暫定適用を通告した。 また、IAEAはイランに関する過去の核兵器開発の可能性に関する調査を進め、天野之弥事務局長が12月15日までに最終報告する。 採択から90日後の18日が「合意採択の日」として発効日となっていた。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です